スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デバッグ時代の思い出その2だよ!

Project DIVAのプレイ時間がようやく15時間超えましたよ!
リン・レンverの曲以外は全部出現しました。
どの曲もステキすぎて何度やっても飽きません!
ミラクルペイントのノーマルでグレイトが取れなくて何度もリトライしたんですが、曲が大好きなモンで苦痛を感じる事なくプレイ出来ましたよ!
そして毎回PSPのバッテリー切れで中断する事になります(笑)。
今日は2回もバッテリー切れになりました。
そしてついに親指にも限界が・・・(笑)。
そんなこんなで、Project DIVAの休憩がてら更新していると~ふだよ!挨拶が長いよ!

さて、Project DIVAをCLEARするとスコアが出るんですが、そのスコアを見ていてデバッグ時代の出来事を思い出したので、今日の更新はその思い出話にしようと思います。
ちなみに今回の出来事は直接僕が経験した事ではなく、一緒に仕事をしていた同僚がやらかした事(?)です。

あの時はアクションゲームのデバッグをしていました。
そのアクションゲームにはスコアがあったんですよ。
基本的にデバッグでは出来る事や出来そうな事は手当たり次第やって行くんですが、その時は『スコアがどこまで出せるのか?』と言う事をチェックしていました。
スコアがあるゲームなんかでは『カウンターストップした際に異常が出るかどうか』と言う事をチェックしたりします。
しかし、その時のゲームはスコアを稼げる限界が存在しており『カウンターストップ』は不可能でした。
なので、代わりに『正常にスコアが出るのか?』と言った事をチェックしてました。
正確に言えば『スコアを獲得した時に正常に計算されているのか?』と言う事を調べていたんですね。
そして、同僚は『ハイスコアの限界』に挑戦していたんです。
まぁ、頑張ってハイスコアを出しまして、特にゲームには門題が発生しなかったんですが、それとは違う所で門題が発生してしまいました。

開発が計算したゲームの理論上の限界ハイスコアを大幅に上回るハイスコアを出してしまったんです。

例えば、敵を1体倒すと100点のスコアが出るとしてます。
ゲーム中は敵が10体しか出ないので、この場合の理論上のハイスコアは1,000点となります。
ミスショットをしなかった場合はスコアが倍になると言うボーナスがあったとすると、102,300点となります。
これが理論上の限界ハイスコアな訳ですが、同僚はこのスコアを上回るハイスコアを出してしまったんです。
こうなると、問題はバグなのか?それとも開発の計算ミスなのか?という問題になってきます。
まぁ、結論としては開発の計算ミスって事だったらしいです。
しかし、その所為なのかその後ゲームバランスの見直しが行われて、その時のようなハイスコアは出せなくなっていましたが。
でも、この時はちょっとした騒動でしたね。
作った人間が『これ以上は無理!』としていたスコアを上回ったんですから(笑)。

開発の人も連日の作業で疲れていたんでしょうかね?
開発途中のゲームソフトでは実に色々な事が起きてしまう事の良い例でしょう。

うん。懐かしいお話です。
思い出したら、他のゲームのあんな話とか、こんな話とかも思い出しました(笑)。
次の機会にはそんな話もしてみましょう。

ではでは、今日はここまで。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://azto.blog35.fc2.com/tb.php/56-d43136ad

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。