スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームメーカーの会社見学についてだよ!

最近は秋らしい気温になってきて表が涼しくなってきましたね。
でも我が家は何故か暑くて、未だに半袖ハーフパンツで過ごしていると~ふだよ!
PCとPS3が動作していると部屋の中が暑いです。
真冬でもPS3のおかげで暖房いらずですよ!
もってて良かったPS3!(なんか違う・・・

さて、秋と言えば修学旅行の季節と言う印象があるんですが、何ででしょうね?
学校によっては春に修学旅行がある所もあるみたいですが、僕は秋のイメージで固定してます。
僕自身の修学旅行が秋だったからですかねぇ?

ユーザーサポートはユーザーが唯一メーカーと接点が持てる窓口と言う事で、修学旅行でメーカーを見学したいという問い合わせが来る事があります。
そんな訳で、今日はメーカーの会社見学についてのお話です。
とはいえ、結論から言ってしまいますと、
メーカーの会社見学をする事はできません。
もしかしたらメーカーによっては違うのかもしれませんが、殆どのメーカーは会社見学の要請についてはお断りしています。

その理由はそれほど難しい物ではありません。
要は社外秘の機密情報がたくさんあるので部外者の立ち入りをシャットアウトしているからです。
ゲームメーカーには発売前のソフトの情報がたくさんあります。
中にはまだ公開していないソフトの情報もありますので、関係者以外はそういう情報がある現場に入る事は出来ません。
特に開発現場は社外秘の情報ばかりが集まっています。
セキュリティにしっかり守られているので社内の人間でも関係者以外は、重要な情報がある部署に立ち入る事は不可能になっている事が多いです。
絶対に外部に漏らしてはいけない情報がたくさんある現場に、どこの誰とも知れない学生を入れるなんていう危険な事は行いません。

中には『メーカーの見学をすれば未発表の情報を教えてもらえるかもしれない』なんて考えている人もいるかもしれませんが、そういった情報を一切教えない為にも断っている訳です。

仮に部外者を入れる何て事になると、漏れてはいけない情報を隠さなくてはいけません。
それは結果としてゲーム開発を遅らせる要因にもなりかねません。
開発期間と言うのはコストに関わる重要な要素です。
『部外者の見学の為に開発期間が延びた』なんてバカバカし過ぎますからね。

例外があるとすれば、雑誌や番組などからの取材による現場見学ですね。
これの場合はメーカーにとっては宣伝にもなるので、受ける事があります。
本来宣伝は雑誌の広告やテレビのCMなどで行います。
こういった宣伝と言うのはメーカーから宣伝・広告費を支払って宣伝させてもらっているので、多額のコストが発生します。
このコストが派生せずに宣伝できると言うのはメーカーにとって大きなメリットになるので、多少開発期間が延びるリスクを犯しても行う意味がある訳です。

もう一つ例外があるとすれば、メーカー自身が行う見学会などのイベントになると思います。
たしか、随分昔にどこかのメーカーがこう言うイベントを行っていた気がします。
一般ユーザーがメーカーの見学ができるとすればこういった滅多にない例外以外に方法はありません。

まぁ、何が言いたいかと言いますと見学を断ったからって文句を言わないで下さい。
前に一度『えー、何でですかー』と言われた事があります。

たまーに、こういう見学希望の問い合わせが来るんですよね。
教師から問い合わせが来る事もありますが、学校の社会科見学とか授業の一環で仕事について学ぶ課題などの件で生徒から問い合わせが来る事もあります。
新入社員の会社見学ですら開発部門に立ち入る事はできない事もあるので、無理だと断られたら素直に諦めてください。

まぁ、もしかしたらどこかのメーカーが受けてくれるかもしれませんが、希望はないと思います。
開発現場は機密情報の巣窟なので部外者(特に一般ユーザー)が入れる事はまず無いと思います。

ではでは、今日はここまで。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://azto.blog35.fc2.com/tb.php/93-60650bf9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。